FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

マイコプラズマって何? 

マイコプラズマって何?

マイコプラズマは、真正細菌でマイコプラズマに感染すると、
咽頭炎・気管支炎・肺炎などを起こす事があります。

1歳の誕生日までに40%の5歳までには65%の
乳幼児がマイコプラズマの感染を受けています。

大人になるまでには97%がマイコプラズマの感染を受けています。

マイコプラズマは何度も感染する事があり、
重症の感染を繰り返す事もある為注意が必要です。

マイコプラズマ肺炎


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


ここ数年細菌性肺炎は激減しましたが、
マイコプラズマ肺炎の感染者数は増えていると言う傾向にあります。

マイコプラズマ肺炎は入院患者よりも外来でよく見かける病気。
特に学校や保育園幼稚園など集団生活をしている子供同士の
人から人への感染が多く観られるのが特徴です。

重症入院が必要な肺炎と比べレントゲンでは影が出るわりには
全身症状が悪くない為、通院可能な場合も多く肺炎の中では
比較的入院せずに治せるのも特徴です。

その為アメリカではマイコプラズマ肺炎の事を
歩く肺炎と呼ぶそうです。

マイコプラズマは主に患者の咳で飛沫感染します。
有効な抗生物質による治療を行っても、
抗生物質はマイコプラズマの増殖を抑えても、
死滅させるわけではなく症状が軽くなった後も、
患者の気道からマイコプラズマが数週間から数ヶ月にわたって分離され、
咳によって飛沫となり感染源として家族への感染を起こしてしまうようです。

ですから感染者が出た家庭では、数ヶ月は予防に努める事に
心がける必要があります。

咳や痰からの飛沫感染が多いですが、感染者に近づいたからと言って
必ず感染するとは限りません。

特に感染力が強いのは病原体を持っている人の咳などの呼吸器症状が強い時、
そのような時でも症状は熱もなく、咳だけという子供さんも結構いるそうです。

体の中にマイコプラズマが侵入してから、症状が出てくるまでの期間は
2~3週間程度といわれています。

発熱で発症し、1~2日遅れて咳が出て、だんだん咳が強まっていく、
というのが典型的な症状の経過。
マイコプラズマ感染症となった子供の25%が、吐き気、嘔吐、下痢など
消化器症状を起こしてしまうそうです。

中耳炎・鼓膜炎などの耳の炎症を起こしている場合があるそうなので、
充分注意してください。

筋肉痛・関節痛・発疹などが出現する場合もあるそうです。

マイコプラズマ感染の症状の特徴は、
◆ 激しく頑固しかも長期間にわたる咳が出る。
◆発熱・特徴的高熱ではなく、微熱の場合もあります。
◆全身倦怠感。しかし、比較的元気な場合もあります。

一般にはこの咳は4週間程度続き、ピークは2週間程。

マイコプラズマ肺炎の症状にはかなり個人差があり、
2~3日で治ってしまう人もいれば、
治るのに1ヶ月以上かかる人もいるそうですから、
『おかしいな』と思ったら早めに医療機関を受診するといいでしょう。


『MIXI日記よりhttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=1022549944&owner_id=5099265


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



スポンサーサイト

[2008/12/16 00:40] 肺炎 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/261-92ba8cc6

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。