FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本の救急車 


日本の救急車



【高規格救急車の一つ(名古屋市消防局北消防署、日産パラメディック)】


250px-Ambulance-001.jpg


日本の救急車(にほんのきゅうきゅうしゃ)は、日本における救急車の事情などを紹介する。

日本において救急車は消防車やパトロールカーと同様に緊急自動車の一つで、サイレンを鳴らして緊急走行を行うことができる。正式名称は救急自動車(きゅうきゅうじどうしゃ)。


【高規格救急車の一つ(東京消防庁、トヨタハイメディック)】


250px-2ndHimedic.jpg



概要


救急車には、消防本部およびごく一部の消防団が保有するものと、病院などが保有するものがあるが、119番通報により出動するものは前者であり、後者は主に病院間の転院搬送・災害対応などに用いられる。これ以外にも、患者搬送を行うことを目的とした民間の車両がある(ただし、民間の車両については消防や病院の救急車と異なり、緊急自動車の指定は受けられないため、寝台車両・患者搬送車と呼ばれることが多い)。以上の他、日本赤十字社が運営する病院、自衛隊や大企業の工場・一部のテーマパークの自衛消防隊なども救急車を保有している。

日本の消防の救急車においては、隊員3人以上及び傷病者2名以上を収容でき、その他法令で構造や設備が定められている。

日本で救急業務が消防の任務とされた1963年以降、救急車の出動件数は例外なく増加の一途をたどっている。特に緊急性のない救急要請の増加が著しく、本当に救急車が必要とする傷病者への救急出動に支障が出ていることも多い。そのため、緊急性がなく安易な救急要請を抑制するため、軽微な傷病での救急車利用について、傷病者や医療機関から使用料を徴する救急車の有料化が総務省消防庁やいくつかの自治体で検討されている。


搭載されている主な医療用資器材


250px-Ambulance-interior.jpg


観察用資器材-聴診器、血圧計(自動式・タイコス式)、検眼ライト、患者監視装置 (心電図・脈波・血圧・血中酸素飽和度)等- 傷病者のバイタルサインなどを測定する。
人工呼吸器(バックバルブマスク・デマンドバルブ・自動式人工呼吸器等)
自動式体外除細除器 - 電気ショックを与える医療器具。VF(心室細動)やpulselessVT(無脈性心室頻拍)の、致死的不整脈を治療するために使用する。法改正により、一般市民でも使用できるようになった自動体外除細動装置(AED)と救急車に積載されるものと異なる点は、隊員自らが心電図モニターにより除細動の適応を判断し解析を行い、除細動適応であれば通電する。※一般市民仕様のAEDを救急隊装備として使用するケースもある。
気道管理セット(吸引器、喉頭鏡、マギル鉗子、開口器、経口経鼻エアウェイ等)
搬送器材各種(メインストレッチャー・サブストレッチャー・布担架・スクープストレッチャー等)
毛布
感染予防用具(プラスチックグローブ、マスク、防護衣類、ゴーグル等)
脊柱固定用具(バックボード、頸椎固定カラー、ストラップ) -交通事故などの高エネルギー外傷で脊椎が損傷している可能性がある患者に対し全身固定を目的として使用。
外傷キット(滅菌ガーゼ・タオル包帯・三角巾・空気膨張型副木等)
分娩セット
救出用具(サイドウィンドウを割る為のハンマーとシートベルトカッター、バール、ベンケイ(消防士の使用する物と同じ)等) これで対応出来ない事案の場合は特別救助隊の出動を要請する事になる
医療用酸素(10リットルボンベ×2~3本)
特定行為セット(ラリンゲアルマスク、食道閉鎖式エアウェイ、気管チューブ、静脈留置針、輸液セット、アドレナリン)-医師の具体的指示を受けた「認定救急救命士」が使用できる。



東京消防庁の特殊救急車(スーパーアンビュランスなど)


200px-Superambulance-fuso.jpg


200px-SUPERAMBULANCE.jpg


京成電鉄グループの京成自動車工業が艤装・発売する車両で、東京消防庁の消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)に配備されている。3軸仕様の大型トラックがベースとなっている。

1台目はザ・グレートをベースにしたモデルが1994年10月に丸の内消防署に配備され、1996年12月、第二方面消防救助機動部隊発足のため、同隊に配置換えされた。2004年に第二方面の車両新規導入に伴い第八方面に配置換え、2006年に車両を更新し引退した。この間、地下鉄サリン事件をはじめ都内外における大規模な災害に出動し、負傷者に対する応急処置などで活躍した。

2台目はスーパーグレートをベースに2004年に配備された。1台目に比べ、患者室のドアやドアステップの構造が見直されたりしている。現在は第二方面に所属。2006年には3台目がギガをベースに配備された。1台目の車両の更新車両である。第八方面所属。 渋谷温泉施設爆発事故などの現場で活躍している。

また東京消防庁は現在、かつての3B型を思わせるマイクロバス型の特殊救急車が配備されている。現在の車両はコースターをベースに、アイソレーター等の感染症対策装備を有し、NBC災害対応部隊である第三方面消防救助機動部隊に配備されている。


自衛隊の救急車


200px-SuperAmbulance2.jpg


自衛隊の車両は陸・海自が緑、空自は紺色で、前面・側面に白地の赤十字マークを貼り付けてあり、サイレン・赤色灯も装備している。ワンボックス車がベースの車両は全国各地の駐屯地・基地に配備されている。また、陸上自衛隊の衛生隊は野外用にトラックをベースとした車両も保有している。

救急車ではないが、陸自・衛生科部隊では、野外手術システム(手術車・手術準備車・滅菌車・衛生補給車の4台で構成)を保有している。


車内での救命処置

人工呼吸、心臓マッサージなどの他に、現在では免許取得後一定の講習を修了した「気管挿管(きかんそうかん)認定救急救命士」によって、気管挿管で呼吸の確保が行えるようになっている、また自動体外式除細動器(AED)の発達により電気的除細動を医師の指示なしに行うことも可能になっている。2006年4月からはやはり講習修了済みの「薬剤投与認定救急救命士」によって、薬剤(アドレナリン)の投与が可能になった。

心肺停止の時間をできるだけ短くするため、救急車の現場到着の時点で、救命処置が開始されることが望ましい。このため、医師が現場へ臨場したり、医師の指示の元で救命処置が行われるのが理想である。


要員


多くの場合、救急隊長、運転担当の機関員、救急隊員の3名で構成され、午前9時から翌日午前9時までの24時間勤務である。従って、1台の救急車を維持するためには3交代とする必要上3個隊9名が必要であり(本部により1分署に2個隊6名の場合もあり、このような分署では隔日2交代勤務となる)、救急の専属でなく、消防隊(ポンプ・梯子)・救助隊との兼任で隊員資格を取得させ要員を確保している救急隊もある。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
スポンサーサイト

[2008/01/26 15:21] 救急車 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/233-6305f326

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。