FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

口内炎 

口内炎

口内炎(こうないえん,英: stomatitis)は、口の中や舌の粘膜に起きる炎症の総称。症候の一つ。

分類

本症は見た目から「カタル性口内炎」、「アフタ性口内炎」、「潰瘍性口内炎」に分類される。 また痛みの有無から有痛性口内炎と無痛性口内炎に分類される。

250px-E382A2E38395E382BFE680A7E58FA3E58685E7828E.jpg


症状


代表的な「アフタ性口内炎」は口内粘膜に直径5ミリ程度の灰白色斑(アフタ)をつくり、痛みを伴う。通常は一週間程度で自然に完治するが、複数箇所に口内炎が発症する重度のものでは痛みのあまり摂食不能になることもある。また、口内炎の発症時には口臭を伴うことがある。

原因


ベーチェット病や全身性エリテマトーデス等の基礎疾患に起因する物もあるが、多くは原因不明である。口内炎発症のメカニズムは正確にはわかっていないが、次のような原因であると考えられている。


■偏食による鉄分やビタミンの不足
■ストレスや睡眠不足
■不正咬合や、歯ブラシなどによる粘膜への物理的刺激(口内を噛むなど)
■唾液の不足、口腔の乾燥
■口腔内の不衛生
■歯磨き粉成分による粘膜の損傷(ラウリル硫酸ナトリウムなど)


また、口内炎になりやすい体質の人(食物アレルギーの人や粘膜の薄い人)もいる。 さらに、ビタミン欠乏症の症状として口内炎が現れることもある。

尚、一般に口内炎の原因として、「食べ物の好き嫌いが多い」「胃腸粘膜が荒れている」という説が巷間にて一般化している。が、これらが原因で無いことも多い。偏食ならびに胃腸と口内炎とでは因果関係が認められない事が多いからである。


診断


無痛性口内炎は全身性エリテマトーデスを疑う。有痛性口内炎ではベーチェット病等が原因の事もあるが、これ単独ではアフタ性口内炎等との区別は難しく、基礎疾患が疑われる場合はその検査が必要である。


治療


専門は耳鼻咽喉科であるが、病院によっては治療しないところがあるので、事前に確認するのがよい。歯科や内科で治療してくれるところもある。なお、物理的刺激によって発症するものは、炎症というより口腔内の怪我である。そのため下記の治療の効果が薄い可能性がある。

-フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』-
スポンサーサイト

[2008/01/25 23:23] 口内炎 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/232-4de84366


【カタル性口内炎】についてブログで検索すると…

カタル性口内炎 をサーチエンジンでマッシュアップして検索しブログでの口コミ情報を集めてみると…
[2008/05/28 01:49] URL 病名・病気・医学のブログリンク集















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。