FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ピルのメリットとデメリット 


ピルのメリットとデメリット


「ピルって何?」


ピルは、避妊目的と副効用(避妊以外の効果)の目的と、
大きく分けて2つの目的で服用されています。


一番多くの人に服用されている薬[ピル]

そして、なんと全世界で1億人以上が服用しているという、ひとつの薬の種類の中で、
一番多くの人に飲まれている薬なのです。



CIMG0581.jpg



「ピルとは?」



ピルは、エストロゲンとプロゲステノーゲン(プロゲステロンの作用をする物質の総称)という
ホルモンが入っている薬です。


「ピルを飲むとどうなるの?


ピルを飲むことによって、体のホルモンバランスを妊娠している状態に似たようにして
排卵を抑制します。ピルには、妊娠が成立した時に分泌される上記2つのホルモンの
1/20以下程度の量が含まれています。

ピルを飲むことで、妊娠している状態に近くなるので、排卵をしなくなります。
そのため、避妊の効果があるのです。(その他にも、着床を抑制したり、
子宮内に精子が流入するのを防いだりという作用があり、それによっても避妊効果があるようです。)

避妊以外に副効用


・月経に伴うトラブルの改善
 月経痛や月経量の軽減、月経不順や貧血の改善など

・ホルモンバランスの変化による効果
 にきびの改善、多毛症の改善など

・排卵を抑制することによる効果
 卵巣のう腫や子宮外妊娠の減少など

・長期服用による効果
 良性の乳房疾患の減少、子宮体がんのリスク低下など

*なお、これらの効果は必ず全ての人に見られるわけではありません。
医師と相談の上、服用をするかどうかの選択をしてください。



「ピルはどうすれば手に入るの?」


日本でピルを手に入れるには、医師の処方せんが必要です。
産婦人科(婦人科)や一部の内科などを受診して、
医師に処方せんを発行してもらいましょう。
扱っていない医院もありますので、事前に電話で問い合わせた方がいいかもしれません。

最初の受診の際に、内診といって子宮の状態を超音波などで見たり、
子宮がんの検査をする場合があります。受診で特に問題がなければ、
処方せんを発行してもらえ、ピルを入手することができます。


「いくらかかるの?」



saifu_R.jpg


ピルの処方は、保険がききませんので自費診療となります。
目安として初回は上記のような検査などがいるので1万円前後かかることがありますが、
ピル自体は1か月分(1シート)、2000円~3000円程で買うことができます。
値段も医院によって異なりますので、事前に電話などで問い合わせておくと確実です。

時々、お金がかかるということだけで、ピルの服用を躊躇する方がいます。
最近10代~20代前半の学生などの人工中絶が増えています。
月々3000円という値段が高いかどうかという価値観は人それぞれですが、
その値段で妊娠・中絶のリスク、心と体が傷つくのを防ぐことができます。
また、産婦人科にかかることで女性の病気の早期発見ができます。
性交渉を行う年代になったら一度、ピルというものも避妊の選択肢として
考えてもいいのではないでしょうか。
もちろん、人によってはピルがどうしても体に合わない方がいるので、
メリットとデメリットを考慮して選択肢に入れてみてください。


-薬の基礎知識-

ピルは副作用もあり、血圧の高い人やタバコを吸う人などは、使用できない事があります。
必ず医師の診断を受けてから、正しく使用してください。

スポンサーサイト

[2008/01/21 17:54] ピル | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/222-b02745c0


【月経】の口コミ情報を探しているなら

月経 に関する口コミ情報を探していますか?最新の検索結果をまとめて、口コミや評判、ショッピング情報をお届けしています…
[2008/01/21 19:18] URL 人気のキーワードからまとめてサーチ!















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。