FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

毛じらみ(毛ジラミ・ケジラミ)  


毛じらみ(毛ジラミ・ケジラミ)


毛ジラミはヒトシラミ科に属する毛じらみが寄生することにより発症し、最近症例が増加しているといわれています。毛じらみの体は1㎜前後で、色は灰白色か少し黄みがかった灰白色です。成虫の平均寿命は22~28日で、毛から離れてしまうと48時間で餓死します。

毛ジラミの寄生するところは主に陰毛です。陰毛に卵を産み付け繁殖し、血を吸い成長します。毛じらみの卵は7日でふ化し、7~16日で成虫になります。成虫の寿命は約1ヶ月で、1匹のメスはその間に約200個の卵を生みます。成虫も幼虫も1日数回吸血します。血を吸われた部分は赤い点になったり少し腫れたりし、痒みが強くなります。

成人の毛ジラミの主な原因は、毛ジラミを持っている人との性交渉での感染です。まれにタオルや衣類、寝具類などの共有から感染することもあります。戦後、発疹チフスを媒介とする害虫として恐れられた毛じらみですが、DDTの威力と生活環境の改善により、日本ではすっかり目にしなくなっていました。最近の症例増加の理由は、海外旅行者が増え、海外で毛じらみに感染し、それを日本国内に連れ帰ってしまうことが原因ではないかといわれています。

性感染症・性交渉による毛ジラミの感染はよく知られるところですが、毛じらみは性感染症の予防策であるコンドームでは回避できません。陰毛以外にもすね毛や腋毛、頭髪や髭にも感染する可能性はあります。  


毛ジラミ ケジラミ


ケジラミ(Phthirus pubis)は吸血性昆虫で、寄生することにより発症する疾患が毛じらみです。主に性行為によって感染します。

従来より毛ジラミが病名として使われてきましたが、病原体としてのケジラミと区別するため「毛ジラミ症」といわれるようになってきました。人に寄生するシラミは3種類あります。ケジラミ、アタマジラミ、コロモジラミです。この中で性病とされるのはケジラミだけです。

シラミ類は幼虫から成虫まで、オス・メスを問わず人より吸血し、血液を栄養源としています。ケジラミの吸血は1日に数回行われるとされていて、幼虫はその血液を栄養として成長、脱皮を繰り返し、成虫になります。そして交尾の後、メスは産卵します。卵は毛の根元近くに産み付けられ、まるでセメントのようなもので毛に固定されます。多少のことでははがれたりしません。産卵後の卵は7日前後でふ化し、5~6日で脱皮、さらに4~6日後にもう一度脱皮して成虫になります。成虫になるとメスは1~2日後には卵を産みます。したがってケジラミは3~4週間が1サイクルということになります。さらに成虫は3~4週間生き続け、その間に30~40個卵を産むとされています。   

kejirami4.jpg


毛ジラミ症の症状


毛ジラミ症はケジラミの寄生部の痒みが唯一の症状とされています。痒みのわりに発疹がないのも毛じらみ症の特徴です。陰部、股部の痒みの訴えが主ですが、肛門周囲、腋毛、胸毛、太股の毛に寄生してしまうこともあり、同様にこれらの部分にも痒みが出ます。

これまでケジラミは頭髪には寄生しないと言われてきましたが、頭髪はもちろん、眉毛、まつ毛、ひげにも寄生することが知られています。また、毛じらみ症の痒みの程度には個人差があり、ケジラミ自体の数とも相関しないと言われています。これは、毛じらみ症の痒みの起こりがケジラミの唾液による一種のアレルギー反応であるとの考え方からです。

また毛じらみ症では、痒みがあまりに強く、掻き過ぎにより湿疹ができたり、傷を作って二次感染を起こしたりすることもあります。毛じらみ症の感染経路は主として陰毛の直接接触によるものです。家庭内でも親子間での感染があり、寝具やタオル等を介して間接的に感染しているものと思われますが、ケジラミは人から離れると生存期間は48時間以内であること、1日に10㎝程度であることなど考えると、毛ジラミ症は性行為による感染が主であると言えます。   

毛ジラミの治療


毛ジラミなどの性病にかかってしまうと、人には治療方法など相談しにくいものです。しかし、治療方法を知っておく必要はあります。この毛ジラミは性行為の時にコンドームを使用しても感染してしまいます。ですから治療方法や予防を知っておかなければなりません。

毛ジラミの治療方法としては、病院に行くことや、市販の薬で対応するなどありますので、甘くみないで、恥ずかしがらないで、早期に対応することが先決です。受診するのであれば皮膚科です。市販の薬を使って自宅で治療する方法としてはスミスリンパウダーがあります。シラミ治療薬の定番ともいわれるスミスリン。スミスリンパウダーはシラミ駆除のための医薬品です。

海外との交流が多くなって、最近、シラミの感染が増加する傾向にあります。シラミの中でもアタマジラミは、幼稚園児や小学生の間で集団発生する症例が増えています。ですから、薬局でのスミスリンパウダーの購入頻度も上がっています。

毛ジラミとなると、発症の部位が部位だけに、誰でも性病を意識します。そのとおり、毛じらみは性病なのです。覚悟を決めて治療しましょう。市販の薬を購入して、自宅で治療する場合は用法・用量を守り、適切に使用してください。

-毛じらみの治療-
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/206-2336f5e8

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。