FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

冬のカサカサ肌をなんとかしたい! 


冬のカサカサ肌をなんとかしたい!

肌を乾燥させない心がけが大切。

基本のお手入れも見直してみて。


湿疹、敏感肌だけでなく、大人のニキビや毛穴の開き、肌のトラブルのシミやしわも乾燥が原因のひとつ。特に冬の乾いた風や暖房は肌の水分を奪い悪化させます。「暖房の直風を避ける、電気毛布は直接肌に触れずにふとんの上からかけるなど、細かな気配りが肌のダメージを減らすポイントです。また、加湿器や湿らせたタオルを使った部屋の保湿は、肌にとって重要です」と谷さん。

スキンケアなどのお手入れも、乾燥した肌には欠かせません。お手入れの後につやつやの肌になるだけでなく、年齢による肌の変化を遅らせることになるのです。そのために、まずは化粧水やクリームの使い方を見直しましょう。

「1日1回、1年で365回、毎日の肌のお手入れをちょっと見直してみただけでも、簡単に顔は変わります」。

年齢より、ちょっとだけ若く見られたい!

普段のお手入れにマッサージや角質ケアをプラスして、

代謝を早めよう。


アンチエイジングとは抗老化、年をとることに抵抗することです。急に若返るのではなく、時計の針を少し戻して、ゆっくり進むというイメージです。

肌の細胞は年齢×1.5の日数をかけて代謝しています。20歳では30日で生まれかわった肌の細胞も、40歳になると60日かかるようになります。だから普段のお手入れにマッサージや角質ケアを取り入れて代謝を促し、より短い期間で新しい細胞に入れ替わるようにしましょう。

一方で、シミやしわなどの変化には、肌にダメージを与える原因を減らす予防も大切。例えば紫外線。谷さんは「朝、カーテンを開ける前に日焼け止めクリームやファンデーションを」と呼びかけます。紫外線の量は夏に限らず冬でも多く、部屋の中にいても窓の近くにいれば影響を受けてしまうからです。



-肌ケアー-



スポンサーサイト

[2007/12/21 12:12] スキンケアー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/205-a48d3239

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。