FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

肝炎 


『肝炎とはどんな病気?』


肝炎とは肝臓に起こる炎症のことを指します。肝炎は主な原因としてウイルス、アルコール、薬物によって引き起こされます。この他に自己免疫や胆道疾患による肝炎もあります。肝炎の中で最も多いのは、ウイルスによる肝炎です。肝炎と言えば、一般的にはウイルス肝炎を指します。

ウイルス性肝炎:
ウイルス性肝炎は肝臓に肝炎ウイルスが住み着くことによって引き起こされます。日本人の肝臓病の約80%はウイルスによって引き起こされています。
 ウイルス性肝炎の中で、肝硬変や肝臓がんといった重い肝臓疾病への移行率が極めて高いのは、B型肝炎とC型肝炎です。

アルコール性肝炎:
アルコールは肝臓によって分解されますが、何らかの原因で分解されなかったアルコールが肝細胞を破壊します。これによって炎症が引き起こされます。これをアルコール性肝炎といいます。
 アルコール性肝炎に罹りやすいのは、アルコール分解能力の低い者、あるいは飲酒量が多く、しかも継続的に飲酒を行っている人です。
 アルコール性肝炎の症状としては、全身の倦怠感、黄疸、肝腫大などがあげられます。


薬剤性肝炎:
薬物性肝炎には薬物の直接作用による肝炎とアレルギーによるものがあります。前者は抗がん剤や解熱・鎮痛剤などが原因です。後者は薬物の代謝産物が高分子化合物と結合することによって抗原性を獲得し、それに対してアレルギー反応が起きるものを指します。


自己免疫性肝炎:
自己免疫性肝炎とは正常な肝細胞の細胞膜に対する免疫応答によって、肝組織が傷害され、炎症が引き起こされたものです。
 自己免疫性肝炎は女性に多く、慢性活動性肝炎の様相を呈し、急速に肝硬変に進行します。


胆道疾患に伴う肝炎:
胆管炎などの胆道疾患によって引き起こされる肝炎もあります。発熱、悪寒があるほか、黄疸、肝腫大を伴うことも多いです。


ウイルスの感染源


◆飲食物:
肝炎ウイルスに汚染された食べ物、飲み物を介して、肝炎に感染します。経口感染のA型肝炎とE型肝炎はこのような感染源で感染します。E型肝炎は日本では極めてまれです。経口感染の肝炎は日本ではほとんどA型です。
 最近は衛生環境がよくなったので、国内での経口感染は激減しました。外国で感染する例が多く見られます。


◆輸血:
肝炎ウイルスに汚染された血液の輸血を受けることによって、B型、C型を中心に肝炎に感染するケースが非常に多かったです。
 現在では、献血用血液から感染血液を除くスクリーニング法が採用されたことによって、輸血後肝炎を大幅に減らすことができました。しかし完全になくなったわけではありません。


◆血液製剤:
肝炎ウイルスは輸血を受けることで感染するだけでなく、血液で作られた血液製剤を介しても感染します。血液製剤をよく使用する血友病患者や透析者などが高い率で肝炎に感染しています。
 血液製剤による肝炎感染もスクリーニング法の導入によって、ほとんど起こらなくなりました。

◆薬物の乱用:
薬物乱用者の間で同じ注射器を使って、「回し打ち」をすることによって、肝炎に感染するケースが非常に多いです。
 以前、医師は同じ注射器で複数の人に注射するのが普通でした。こうした医療行為も感染を拡大させました。

◆母子感染:
出産時に起こる母子感染の例が非常に多いです。母子感染で特に問題となっているのはB型肝炎ですが、実はC型肝炎にも6~8%の確率で母子感染が起こっています。


◆家庭内感染:
血液を介して感染する肝炎ウイルスを持った家族メンバーがいる場合、血液や血液の混じった唾液などを通じて、別の家族メンバーに感染する例があります。ただ、感染の確率がかなり低いです。


◆性行為感染:
性行為は間違いなくB型肝炎、C型肝炎の感染ルートの一つです。しかし感染のメカニズムについてはまだ解明されていません。ある調査によると、C型肝炎患者の配偶者の10%ぐらいが肝炎に感染したということです。


肝炎の症状


どの型の肝炎でも症状は大体同じです。通常、よく見られる症状は次のようなものです。
●全身がだるい、疲れる(全身倦怠感)
●軽い腹痛がある(右季脇部痛など)
●吐き気がする。嘔吐する。
●食欲がない。
●熱が持続する。
●腹が張る(腹部膨満感)。
●皮膚が痒い。
●クモ状血管

急性肝炎は黄疸を伴うケースもよくあり、黄疸が現れる前に、まず発熱、全身倦怠感、頭痛など風邪のような症状が見られ、風邪と勘違いされる場合もよくあります。
 慢性肝炎は急性肝炎ほど症状が顕著ではありません。慢性肝炎は上記のような症状がある場合もあれば、食欲不振、疲れ、上腹部の不快感など程度の軽い症状の場合も多いく、自覚症状が全くない場合も少なくありません。

 一般的に、症状が最も著しいのはA型肝炎です。B型、C型肝炎の症状はA型と比べ軽く、特にC型肝炎は症状がないケースも極めて多いのです。

 肝炎にしばしば症状がみられないのは肝臓に大きな余力があるからです。しかし症状がなくとも、ウイルス性肝炎は進行性の病気なので、積極的に治療をしなければ、肝細胞が破壊され、高い確率で肝硬変や肝臓ガンへ進行してしまいます。

 肝炎は早期発見、早期治療が重要です。



肝炎発病のメカニズム


肝炎ウイルスは人の体内に侵入すると、肝細胞に入り込んでそこに住みついてしまいます。肝炎ウイルスは肝細胞を直接破壊することはありません。そのため、肝炎ウイルスを体内に持っていても、直ちに肝炎になるとは限りません。

人間の体の中には、外部からの侵入者を撃退するための機能があります。この機能を免疫といいます。免疫には異物に対する抗体を作って異物を排除する「液性抗体」と、リンパ球が直接異物を攻撃する「細胞性免疫」などがあります。

肝炎ウイルスも当然、免疫の撃退対象になります。肝炎ウイルスに対して、免疫は抗体を作って攻撃を加えるとともに、リンパ球もウイルスを排除します。免疫はウイルスを攻撃する時にウイルスが住みついた肝細胞を一緒に破壊してしまいますので、肝臓に炎症が起こり、即ち肝炎の発症になります。

肝炎ウイルスが免疫によって完全に排除されれば、肝炎が治まります。或いは、肝細胞に肝炎ウイルスが住みついていても、免疫が働かなければ、肝細胞は破壊されませんので、肝炎は発症しません。

-肝炎情報-
スポンサーサイト

[2007/12/14 08:50] 肝炎 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/203-a2954fcc

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。