FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

糖尿病【2】-3つの糖尿病合併症 


糖尿病【2】-3つの糖尿病合併症



糖尿病神経障害


3つの糖尿病合併症の中で1番に起こるのが神経障害です。糖尿病が発症してから血糖値が高いままだと早ければ3年ほどで神経障害が起こることがあります。

軽症のうちはほとんど自覚症状がないことが多く、障害が進んでから手足の指先が時々しびれる、足の裏に違和感があるなどといった症状が現れます。

また知覚神経だけでなく自律神経にも障害が出てきます。その症状とはめまい、立ちくらみ、胃腸障害、男性機能の低下(ED)、汗の分泌障害などがあります。

神経障害がどんどん進むと神経が機能しなくなり、しびれ、痛み、違和感などの症状は消えます。こうなると障害は末期で治療することは不可能になり、最後には壊疽になってしまうのです。



糖尿病網膜症


糖尿病の治療をしないで高血糖のままにしておくと、眼の血管が切れて眼底出血を起こします。出血が起きても自覚症状がないことが多く放置してしまうので、症状は進行し、最後に失明してしまうことがあります。

眼底出血は糖尿病の人以外は起きないのです。もともと目の血管はたいへん丈夫なのですが、糖尿病で高血糖のまま5年以上放置していれば血管が切れたりぼろぼろになってしまい、出血が起こってしまうのです。



糖尿病腎症

まず、腎臓とは簡単にいえば尿をつくる臓器であり、2つの大きな働きをしています。

1つめは尿に出す水分を加減し、体内の水分量を一定にしています。

2つめは体に溜まる老廃物を尿の中に出し、タンパク質などの必要な物質は外に出さないように保持しています。

糖尿病合併症により腎臓の機能に障害が出てくると、体内の水分調節ができなくなり、水分を体外に出せなくなり手や足などにむくみが出るといった症状が起こります。また、体内の老廃物を排泄できなくなり尿毒症という非常に危険な症状まで引き起こします。

腎臓の障害がどんどん進行すると最終的には腎臓の機能が全く機能しなくなり、血液透析が必要になってしまうのです。

-糖尿病-
スポンサーサイト

[2007/12/07 17:49] 糖尿病 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/196-cd063433

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。