FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

統合失調症 


統合失調症

《統合失調症とは》


統合失調症は、脳をはじめとする神経系の病気ですが、脳の機能が全くだめになってしまったり、人間性が失われてしまう病気ではありません。

我が国の精神科入院患者の中では、約6割を占めています。


《原因は?》


過去から様々な仮説がありますが、現在でもその原因については、まだ証明されていません。 ある程度わかっていることはあります。

●親の育て方や環境だけで病気になるのではありません。
●遺伝病ではありません。(発病のしやすさ、体質的なもろさは伝達されることが考えられます)。
●一つの原因によって発病するのではありません。

一般的にはその人がもっている体質的なもろさにストレスが加わり、バランスを崩して発症すると考えられています。そして、それはドーパミンなどの脳内の神経伝達物質の代謝の変動と関係しているようです。

《症状・「陽性症状」と言われるものがあります》

●人の声や物音、電波やテレパシーなど、そこに実在しない音が聞こえてくる体験をします。(幻聴)
●間違った考えを修正できなくなったり、被害を受けていると思いがちになります(妄想)
混乱や興奮のため、まとまりのない会話になります。
●このような目立った症状は、発病後まもない急性期に主として見られます。後に述べる薬物療法が有効な症状です。

《症状・「陰性症状」と言われるものがあります》


感情の動きが乏しくなったり、まわりに対して無関心になります。
やる気がでない、言葉が出にくいなど、意欲や自発力が低下します。

●集中力がなくなったり、疲れやすくなり、家にとじこもりがちになります。


このような地味な症状は、周囲から怠け者に見えるなどの誤解を受けることがあります。急性期のあとの消耗期、回復期と言われる時期に主として見られる慢性の症状で、長期的に見守ることが必要です。

《経過は》


治らない病気ではありませんが、ストレスなどで再発を起こしやすいことがわかっています。再発予防を心がけることが大切です。
近年では、薬物療法やリハビリテーションの進歩により、その予後はかなりよくなってきています。

《遺伝や発病時期は》


体質的なストレスに対する弱さは似るかもしれません。

国際的な調査では、総人口あたり発病率は約1%(100人~130人に一人ぐらい)で、地域、性別などによる発病率の大きな違いはないと言われています。

発病時期は10代後半から20代に多く見られるようです。

《治療》


治療の中心は薬物療法になります。

●脳内の神経伝達物質に働きかける薬などを服用します。これによって病的な体験はやわらぎます。
●副作用などの薬についての心配ごとは、主治医と相談しながら調整していきます。症状を抑えるためにも、再発を予防するためにも、最少限の量を飲み続けることが必要です。


対人関係や日常生活、ストレスに対するリハビリテーションも大切です。

●心の安定をはかるための精神療法、社会生活技能の障害に対するSST(生活技能訓練)、家族関係の調整のための家族療法があります。
●病院や保健所で行われているデイケアでの活動もリハビリテーションの一つです。

《周囲の関わり方》


回復にはほどよい励ましと助けが必要です。

●無理な励ましは本人の過剰なストレスとなることがあります。
●助けすぎると、経験のチャンスが減り、回復が遅れることがあります。
●時間をかけて話し合うことが大切です。

再発のサインについて知っておくことが再発予防になります

●睡眠の障害が見られたり、急に活動的になったり、ささいなことに過剰に反応するなど、再発のサインと見られる症状を知っておくことが大切です。
●無理をさけて、ゆっくりと休養するように働きかけることが大切です。
●なかなか良くならないときは主治医に相談しましょう。


-統合失調-
スポンサーサイト

[2007/11/25 12:39] 統合失調症 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/190-25ecb55f

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。