FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

子供のインフルエンザ【1】 


子供のインフルエンザ【1】

子供のインフルエンザの特徴は、ウイルスに感染しやすく重症であるという事。
インフルエンザは何度か罹患したり、発病には至らずともウイルスと接触を繰り返したり、ワクチンを受けたりする事で次第に免疫が出来ていきます。
でも子供の場合は過去にインフルエンザウイルスと接触している機会が少なく、その為大人よりも感染しやすいのです。また子供の場合は乳幼児は重症化しやすく、合併症も出やすい怖い病気の一つです。

子供のインフルエンザの特徴

【1】急性中耳炎


子供は咽頭にある鼓膜の内側に通じる管が、太く短いなどの理由で、簡単に最近やウイルスが内耳に進入してしまいます。子供さんが耳を痛がったときには中耳炎の可能性があると疑ってみてください。

【2】熱誠痙攣


以前ここでも何度かお話している熱誠痙攣
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/blog-entry-173.html6歳くらいまでは、急激な体温変化によって痙攣を起こすことがあります。全身が突っ張ったり、手足をがくがくと震わせたりと言う発作を起こしすのが熱誠痙攣です。5分以上発作が続いた時には、すぐに医療機関に連絡をしましょう。

【3】インフルエンザ脳症・脳炎


ごくまれでの発症ですが、インフルエンザで一番怖いのは、このインフルエンザ脳症だと思います。いったん発症すると重症化する恐れがあるので注意が必要です。
頭痛・痙攣・意識障害などの症状で始まり。おかしいな?と思った時には早めに医療機関を受診しましょう。
スポンサーサイト

[2007/11/13 16:10] インフルエンザ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/187-e1cde691

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。