FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

恐怖性障害 


恐怖性障害


[恐怖症とは、特定の外的状況に対する非現実的な激しい不安と恐怖感が持続する状態です。 ]

恐怖症がある人は、不安や恐怖感を引き起こしそうな状況を避けるか、多大な苦痛を感じながらその状態に耐えています。しかし、不安が過剰であるという自覚は本人にもあり、自分に何らかの問題があることは認識しています。

広場恐怖



[広場恐怖は、不安やパニックに襲われたとき、すぐには逃げられないような状況や場所に閉じこめられることに不安を抱き、避けようとすることを特徴とします。 ]


任意の12カ月の間に女性の約4%、男性の約2%が広場恐怖と診断されます。ほとんどは20代初期に発症します。40歳を過ぎてからの発症はまれです。

広場恐怖は「人の多い場所を恐れる」という意味でつけられた病名で、具体的には、不安が激しくなったときに容易に逃げ出すことができないような、人が多くにぎやかな場所に閉じこめられることに恐怖感を抱く状態をいいます。広場恐怖の人が恐れる典型的な状況には、銀行の窓口やスーパーマーケットのレジで待っている人の列に並ぶ、劇場や教室の真ん中の席に座る、バスや飛行機に乗るといったものがあります。こういった状況でパニック発作を起こした後に、広場恐怖になる人もいます。こういった状況に居心地の悪さを感じるだけで、一度もパニック発作を起こさない人もいれば、後になってからパニック発作を起こす人もいます。広場恐怖はしばしば日常生活に支障をもたらし、自宅に引きこもる人もいます。


治療


広場恐怖を治療せずに放置すると、重症度は一進一退しますが、特に治療をしなくても症状が消失する場合もあります。これはおそらく、本人が自分で何らかの行動療法的なことを行ったためと考えられます。

行動療法の1種である暴露療法は、不安を誘発する状況に繰り返し直面させるというもので、広場恐怖に最適な治療法であり、忠実に行った人の90%以上で効果がみられます。

重度の抑うつを伴う広場恐怖の治療では、ときに抗うつ薬が必要となります。アルコールや大量の抗不安薬などは中枢神経系を抑制し、行動療法の妨げになるため、治療を開始する前に徐々に減らしておきます。


社会恐怖



[社会恐怖(社会不安障害)は、特定の社会的状況や人前に出る状況に対して著しい不安を抱くことを特徴とし、そうした状況をしばしば避けようとします。]


人間は社会的な生きものであり、社会生活における適応能力は、家族、学校、仕事、遊び、交際、結婚など、生活における多数の重要な面に影響を及ぼします。

社会的状況の中である程度の不安を抱くのは正常なことですが、社会恐怖の人はきわめて激しい不安を感じるため、社会と接することを避けたり、多大な苦痛を感じながらこの不安に耐えています。約13%の人が人生のいずれかの時点で社会恐怖になるといわれています。この障害は任意の12カ月の間に女性の約9%、男性の約7%に生じます。社会恐怖の中で最も重症度が高い回避性人格障害(人格障害: 回避性人格を参照)になる割合は、男性の方が女性よりも高いことが示されています。生まれつき内気で、幼少のころから憶病な性格だった人が、成長して社会恐怖になることもあります。思春期のころになって初めて、社会的状況に不安を感じる人もいます。

社会恐怖の中には、人前に出ることを伴う特定の状況に関連して起こるタイプもあります。こうしたタイプでは大勢の人の前で何かをするときにのみ不安が生じ、同じことを自分1人で行っても不安になることはありません。社会恐怖の人が共通して不安を感じる状況としては、人前で話をする、楽器の演奏や教会での聖書の朗読など大勢の人の前で何かをする、人と食事をする、証人の面前で署名する、公衆トイレを使用するといったものがあります。社会恐怖の人は、自分の行為や言動がほかの人の目に不適切に映るのではないかと心配します。また、不安を抱いていることが他者にあからさまにわかってしまうのではと心配し、汗をかいたり、赤面したり、吐いたり、体や声がふるえたり、途中で何を話していたかわからなくなったり、自分をうまく表現する言葉が見つけられなかったりするのではないかと思い悩みます。

より全般的なタイプの社会恐怖では、さまざまな社会的状況で不安が生じることが特徴です。いずれのタイプも不安の根源には、期待に沿えないと恥をかく、みっともないといった思いこみがあります。



治療


社会恐怖は治療せずにいると長びき、本来なら参加したい活動まで避けるようになります。

行動療法の1種で、不安を誘発する状況に繰り返し直面させる暴露療法は効果的ですが、本人がその状況に慣れて安心できるようになるまで続けるのは、容易なことではありません。たとえば、上司の前で発言するのが怖い人が、その上司の前で何度も話をする練習をするのはまず無理なことです。こうした場合はトーストマスターズ(人前で話すのが苦手な人のための団体)に参加する、老人ホームなどを訪問して入所者に本を朗読するなど、代用となる状況で練習すると効果的です。

抗うつ薬(選択的セロトニン再取り込み阻害薬、モノアミン酸化酵素阻害薬など)や抗不安薬は、社会恐怖の人にしばしば効果があります。多くの人が社交を円滑にしようと飲酒をしますが、結果的にアルコールの乱用や依存が始まってしまうことがあります。人前で何かを行うことへの苦痛から生じる心拍数の増加、ふるえ、発汗の軽減には、ベータ遮断薬(ベータ‐ブロッカー)が一般に用いられます。

-心の病気-

スポンサーサイト

[2007/10/12 20:39] 脳梗塞 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/179-3f926f49

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。