FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

痔のお話 


痔になるのは珍しくない!



痔の種類

【いぼ痔】


痔核(じかく)と言われるもの。妊娠中、大きくなってきた子宮に圧迫されるために、肛門の静脈がうっ血するのが原因と言われています。肛門の内側にできるのが内痔核、外側にできるのが外痔核です。


【切れ痔】


裂肛(れっこう)と言われるもの。便秘で固くなった便を無理に出そうとすることによると言われています。

【痔ろう】


肛門にある小さな穴(陰か)に便のバイキンが入りこんで、化膿することが原因と言われています。最初は肛門が腫れて激しく痛むそうですが、その後肛門にしこりができると痔ろうということになるようです。

肛門からの出血があったら、医師に相談しましょう。膣からの出血か肛門からの出血かわからない場合も、診察時に医師に伝えておきましょう。



痔の予防法

【規則正しい生活と食事】


基本的には、便を柔らかくすること、便秘をしないことが大切です。バランスのいい献立を心がけて、規則正しい時間に食事を取るようにしましょう。毎日同じ時間に起きて、同じ時間に食事をするようにしていると、胃の働きも規則的になりますから、朝食後などある程度規則的な時間に、便意を感じるようになります。また、出ても出なくても朝食後などは、トイレに行くことを習慣づけるようにすると、便通がよくなるようです。

 ただし、毎日トイレに座って無理に便を出そうとするのは、かえって痔を悪化させる可能性があります。2日に1回とか、3日に1回程度規則的に排便できていれば、便秘とは言わないそうです。

 水分や繊維質のものも心がけて取るようにしましょう。ヨーグルトや乳製品なども効果的なようです。


対処法

【排便後は清潔を心がけて】


排便後、便をきれいにふき取っておかないと、さらに痔が悪化する場合もあります。おなかが大きいときにはお尻をふくのも一苦労ですが、清浄綿などを利用したり、温水洗浄便座があれば使うといいようです。
 また、妊娠中は汗をかきやすいので、シャワーを浴びるようにするのもいいようです。シャワーを痔の部分にあてると、血行が良くなり、痛みも和らぐようです。お尻の穴をキュッと引き締める体操も効果的です。

-痔のお話-
スポンサーサイト

[2007/10/05 18:04] | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/177-92f87583

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。