FC2ブログ







スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

秋の花粉症 


秋の花粉症

9月~10月にかけての秋は、イネ科や、雑草類(ブタクサ、ヨモギ)などの花粉が飛散する時期です。この花粉が原因でアレルギー性鼻炎などを引き起こす花粉症は、スギ、ヒノキ花粉の飛散時期である春についで秋に多く発症するといわれています。


花粉症の症状


花粉症は、花粉が鼻、口、目などの粘膜に吸着し、その場所で反応を起こし、くしゃみ、鼻水鼻づまり、かゆみ、頭が重いなどの症状(アレルギー性疾患)を引き起こします。


症状が出るしくみ


人の体には、花粉などの異物(抗原)が入ってくると、その抗原を排除するために、抗原を攻撃する抗体を作ります。特にアレルギーに密接に関係する抗体が、IgE抗体です。一度できたIgE抗体が人の粘膜表面にある肥満細胞に付着し、再び同じ抗原が入ってくると、肥満
細胞上に付着した、IgE抗体と抗原が反応(抗原抗体反応)し、肥満細胞からヒスタミンという物質を放出します。このヒスタミンが、くしゃみ、かゆみなどの症状を引き起こすといわれています。


検査方法


アレルギー性疾患には、血液中にIgEが増加することから、検査方法として総IgE濃度を調べる方法と、特定の抗原(アレルゲン)で増加するIgE抗体量を調べる方法があります。それぞれを調べることにより、アレルギー異常とアレルギーの原因物質を突き止めることができます。その他にも、アレルゲンと思われるエキスを直接皮膚に注射、および垂らしたり、貼り付けたりして、腫れや発赤を調べる皮膚反応テストなどがあります。

-いかがく-


秋の花粉症の原因に多い植物は?

【ブタクサ】



日本国内ではスギ、ヒノキに次ぐ患者数が存在するとされています。

【ヨモギ】


600px-Yomogi_R.jpg


ヨモギは、キク科の多年草です。

【カナムグラ】


kanamugura04.jpg


カナムグラは一年生のツル植物です。スギ花粉症に比べると、飛散量も少なく、草花であり飛散範囲もあまり広くないため、症状は軽いと言われていますが、花粉症で悩んだ事のある方は、野草にも気をつけてください。 



スポンサーサイト

[2007/10/03 17:19] 耳鼻科治療 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tennsinoomoide.blog69.fc2.com/tb.php/175-bfe44f48

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。